思ったことを書く日記

暁のヨナに感じる懐かしさ

秋アニメとして始まった「暁のヨナ」。

見ていてなんだかちょっと演出が古い、というか懐かしいなあと思っていたんですが、制作会社を見て納得。

すたじおぴえろさんだったんですね…、ぴえろさんといえばちょっと独特な演出をされるアニメ制作会社さんです。

わたしも古くは「最遊記」なんかからぴえろさんの作品に触れてきまして、その演出を覚えていたから懐かしさを感じたのだと思います。

あとは、ヨナが最近の作品なのに古き良き少女漫画だったからなんでしょうね。

好きな人に見てもらうために綺麗にしたのに、相手にはこちらを見てもらえないヤキモキ感だったり、告白をはぐらかされたショックだったり、これからの壮大な世界観の割には序盤のヨナは等身大の女の子。

その描写がぴえろの演出と相まって、すごく懐かしい前時代の少女漫画を思い出させます。

とはいえヨナはここからただの少女漫画ではなく戦いの物語へと変貌していくわけなので、そこをどう演出していくのかぴえろさんの今後に期待です。

 

アニメの1クール=12話

大昔、10年前位まではアニメは1年ないし半年するのが普通でしたが今では1クール12話、2クール24話が主流になっていますね。

たまに分1、2クールなんてのもあります。作品のクオリティを持続させるためにとられる手法?らしいです。

1期、2期とかもうアニメ作品が連発されて長期1年アニメをやっているのはプリキュア位しかないと思います。

今は漫画、ラノベ原作のアニメ化が多くてアニメから興味を持って、漫画を買いました!な方が多いようです。

昔からの原作ファンの方にしたら「にわか」らしいですが、作品をしる切欠がアニメでもいいのでは?と私は思います。

かくいう私も「にわか」と呼ばれる部類に入ると思います。

でも、面白い作品の原作を読んでみたい!と思う心理は誰にでもあると思うんです。

まあ、色んなアニメがあるので観るのも大変だったりしますけどね。

 

最近の声優さんとは

女性でも男性でも若い人気声優さんはそれなりに容姿がいい方が多く感じます。

女性声優さんはかわいい、綺麗な方が多い!事務所がユニットを組ませて売り出している場合もあったり。

アイドル声優というやつなんですかね?メディアの露出も増えてきていますし、有名なのは水樹奈々さんかな?私が知っている中では。

親戚の子がファンでライブに行っている位なので、この方の知名度は海外でも有名です。

CDの売れない時代になっても声優さんが歌った音楽CDがオリコンにランクインしている時代なんですよね。

下手な歌手より歌唱力がある方は沢山いらっしゃいますし!

色んな声優さんのカバーCDとかたまに聞いたりすることもあります。

声優業界って奥が深いですね。

俳優さんでも声優にチャレンジしていらっしゃる方もいて、私が持っているゲームの半分が俳優さんが声あてしてる。なんてことがありました。